社会人

【SIerって何?】どんなことをするの?SEとの違いなど簡単にご紹介

「SIer」ご存知でしょうか?
普通に生活をしていたらなかなか聞かないかもしれないですね。

SIerってなんですか?
実際にどんなことをしているんですか??

私はSIer企業で働いていますが、
よく周りにいる人や就活生からも聞かれるので、
まとめていきたいと思います。

SIerってなに?

SIerとは、システムインテグレーション(SI)を行う業者のことである。
SIに「~する人」という接尾辞「-er」を付けてできた造語である。
システムインテグレーションとは、システムを構築する際に、ユーザーの業務を把握・分析し、
ユーザーの課題を解決するようなシステムの企画、構築、運用サポートなどの業務を
すべて請け負うことである。これらを行う業者がSIerである。辞典・百科事典の検索サービス – Weblio辞書

とありますが、少し分かりづらいですよね。

分かりやすくいうと、
基本的には大手企業のシステムをSIer企業が一緒になって、企画、構築、運用サポートをする
というものです。

大手企業に派遣のような感じで実際に行って仕事をする形態を常駐
自分の会社内で、システムを請け負って働く形態を、受託と言ったりもします。

そもそもその大手企業で人を雇ってシステムを開発すればいいのでは、と思うかもしれませんが、
システム開発というのは、開発がスタートした時に人手がいるもの。
出来上がって、運用する時には数人で足りるのです。ですので、開発がスタートした時や
新しい機能を作る時にSIer企業とシステム開発をするのです。
実際、約3年くらいをかけて作りたい機能を作り、もう新しい機能は作らないとなったり、
縮小して運用・保守だけをするということになります。

 

SEとの違いは?

よくSEとの違いって??と聞かれるのですが、根本が異なります。
SEとSIer似ているので、混乱するかもしれませんが、

SEとは、要件定義から開発・運用保守までをする「人」
SIerとは、上記でも書きましたが、他社のサービスを一緒に作っていく「企業」

となります。ですので、私は、SIer企業で働いているSEです。
となるのです。語尾にerと付いているので、なんとなく人をイメージしてしまいますが、
実際は企業のことをいうのです。

 

どんなことをしているの?実際の仕事内容は?

実際、どんなことをしているのかというと、
SIer企業何人かでチームを作り、以下の仕事をこなしていきます。
規模は、その企業の大きさによって異なるとは思いますが、
私の場合、8人チームとなって以下のようなことを行なっていきます。

要件定義・設計:お客様(大手企業など)と一緒に企画をします ー1〜2人
構築:開発や単体試験などを行なっていきます ー4〜5人
運用サポート:以前開発したところやインフラ周りのサポートを行います ー1人

開発・単体試験は、大手企業のものになると、間違いは許されないため、
膨大な量をこなしていきます。

開発中心にコーディング技術を伸ばしていきたいと思っている人には向いていないかもしれないですね。
そして、お客様や他のSIer業者の人と一緒に仕事をするため、
コミュニケーション能力が必要になってきます。

業務時間は、その会社によりけりです。
ブラック企業もあれば、めっちゃホワイトな企業もあります。

 

どんな人が働いているの?

SIer企業の多くは未経験から始められるため、文系エンジニアは多くいます。
上流工程にいくとコミュニケーション能力も求められるため、
文系でもエンジニアの知識を学び、つけることができます。

私も文系大学出身で約1年働いていますが、
周りに聞いたり、教えてくれる先輩もいるので、心配する必要はありません。

文系出身だから、プログラム未経験だからって諦める必要はないのです。

 

 

ここまでで、
【SIerって何?】どんなことをするの?SEとの違いなど簡単にご紹介
を書いていきました。
実際にSIer企業で働いている私だからこそ、分かることを簡単にお伝えできたと思っています。

もっと詳しく聞きたい方は、相談していただければお答えしますので、
コメントをお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください