グローバル

【東南アジアバックパッカー記①】ベトナム(ホーチミン)→タイ(バンコク)

前回の記事の東南アジアインターンおすすめの5つの理由
5つ目の理由として、「近隣の国を安く旅行することができる」と書いていますが、
私もベトナムからタイ、カンボジアと飛行機やバスを使って観光したので、
旅行記としてまとめていきたいと思います。

私の実際のルートはこんな感じです!!

ベトナム(ホーチミン)→タイ(バンコク)→カンボジア(シェムリアップ)→カンボジア(プノンペン)→ベトナム(ホーチミン)

ホーチミンからバンコクは、飛行機で、その他はバスを使いました。

今回は、ホーチミンからバンコクまでの行き方とバンコクでの宿泊について書いていきます。

ではでは、Let’s Goooo!!

1

ホーチミンからバンコクは陸路を使いましたが、東南アジアにも
JetStarやAirAsiaなどなど、LCCが飛んでて、めっちゃ安いんです!!

私はAirAsiaを利用しました。
2週間前くらいに予約して約5000円だったと思います!!

2

今、調べてみても6000円ほどで行けちゃいますよ!!
ベトナムからタイ、行きか帰りは飛行機で楽しちゃうのも大いにアリです!

国外に行くとは思えない料金ですよね。
ずーっとバスはきついなーと思っていたので、即買いをしたのを覚えています。
飛行時間は約1時間30分ほどです。早い早い!!

1つ気をつけた方がいいことは、空港の中はアメリカ価格ということです。
ドル表示になっています。もちろんベトナムドンも使えるのですが、高く感じるのです。
私自身すでに1ヶ月ベトナムに滞在していたため、1食あたり、150円くらいで済ませていたのですが、
いきなり空港でハンバーガーセットが10ドルするという状況になります。

お菓子とかも高いです!!
お菓子は小腹が空いた時用に持って行くといいですね。

 

タイについて、まず思ったのは、電車で移動ができること!!!!

タイ(バンコク)では、なんと電車での移動ができます。
ほとんどバイクだったベトナムとの違いを感じました!!

しかし、電車の乗り方がろくに分からなかったため、
タクシーを呼び、街に繰り出して、まずは宿探し。

宿を予約をしていなかったので、格安宿が多く集まるバックパッカーの聖地
カオサンへ!!

3

この感じがバックパッカーの聖地っぽいですよね!!

私もバックパッカーらしく安宿に泊まろうと思っていたので、
安くて、ベッドは女性だけ、シャワーは水でもOKと妥協して、
1泊約600円のゲストハウスに決定。

お湯のシャワー、1人部屋にしても2000円くらいで宿泊できると思います。
カオサンは観光地も近く、格安の旅行会社もあるので、
アユタヤやハイキングなどのツアーを3000円くらいで申し込むことができるんです!!

ゲストハウスには、カフェもあって、そこで仲良くなった外国人と外に飲みに行ったり、
カフェで話しをしたり、さすがバックパッカーの聖地!
旅好きな人が集まっていました。

けど、ちょっと目を話したすきに充電中の持ち運び充電器が盗まれちゃったので、
そういうところは気をつけた方がいいですね。

agodaもなかなか現地価格で、
現地で迷いたくない人や、現地の状況を下調べしたい人におすすめです。

カオサンの夜はうるさいんじゃない?危ないんじゃない?
と心配される人もいるかもしれませんが、
意外と寝る時間になると静かです。けど、やっぱり金曜日と土曜日の夜は
少しうるさいかなーと思います。
あと、カオサン、危なくはないです!!
もちろん、知らない人についていかないなどをすること!
そして、無駄にタクシーで観光しようと話しかけられた記憶があるので、
丁重にお断りしましょう!!!!

日本人はお金を持っているという思いで、かなりの額のボッタクリに合います!!!!

そして、タイのタクシーは残念なことにほとんどメーターがついていないんです。
ベトナムはほとんどメーターがついていたので、適正価格でしたが、
普通にボッタクリに合います! 気をつけましょう!!

適正価格で乗るには、
Glab Taxiというアプリがあって、
先に料金がわかるので、電話番号をゲットして、このアプリを使うのが、
1番安く移動できます。

 

こんな感じでホーチミンからタイまでの行き方と、宿泊先について
まとめてみました。
次はタイの観光についてまとめていきます!!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください